中心軸を越えて:フィリップ・オーギュストの城壁めぐり その3

エティエンヌ・マルセル街とサン・ドニ街の交叉点

エティエンヌ・マルセル街20番地をあとに、東へ向かう。

次のチェックポイントはサンテニャン館、マレ地区の現在ユダヤ芸術歴史博物館になっているところ。そこまでの区間は今回の城壁めぐりのうち、もっとも手掛かりの薄い箇所だ。

まずはサン・ドニ街を渡る。右手はレ・アルの駅方面、左手は威風堂々としたサン・ドニ門に通じる。しかし誤解のないよう。あれはさらにパリの市域が拡大してもうひと周り外側に造られた城壁、シャルル5世の壁(現在のグラン・ブルヴァール)に造られたもので、西暦1200年当時の門とは違う。

エティエンヌ・マルセル街交叉点とテュルビゴ街に挟まれた、サン・ドニ街135番地のビルにプレートが貼ってあり、かつての門はここにあったと分かる。つづいてセバストポール大通り。まっすぐ伸びた大通りを渡るとき、左手のずっと奥に東駅、右手はシテ島の裁判所を遠望できる。

「パリ歴史地図」(東京書籍)の図版より。今回の対象地は最上部から右へ下ったあたり

城壁の具体的な残像を描けぬ以上、残っている跡を見出すのではなく、逆になぜこのあたりは跡が少ないのか考えてみる。あるはずのものがないのを考えるのも、パリという物語の一端を読み取る契機になるからだ。

エティエンヌ・マルセル街はオ・ウルス街と名を替え、サン・マルタン街と交わる。ここで左手を見るとまたまた、グラン・ブルヴァールのサン・マルタン門の方へと道がうねうねとつづいているのが分かる。

これに対して、フィリップ・オーギュスト城壁のサン・マルタン門はこのあたりにあったことになる。と納得したらサン・マルタン街を右へ。少し街の中心部方向に向かい、今度はランビュトー街を左折。

サン・マルタン街

ポンピドゥーセンターとその前の広場を眺めながら、少し整理してみよう。‥‥サン・ドニとサン・マルタン、共にグラン・ブルヴァールに象徴的な門の残るように、古くからの2本の街道が並行して北へ向かっている。その真ん中に道幅の広い直線的なセバストポール大通りが伸びていて、合計3本の主要な通りがつらなっている。

2本の街道を中心にする街区は人口密度が高く、大革命以降にはしばしば反権力の民衆蜂起が起こり、バリケードの築かれた地だ。時どきの統治者にとって、いわば「扱いにくい」、うるさい連中の住み処だった。

19世紀も半ばを過ぎ、第二帝政時代に行われた知事オスマンによるパリ改造は、中世都市を近代都市へと生まれ変わらせるに充分な規模と内容を持っていた。2本の街道の中間に造られたセバストポール大通りは、このとき造られたパリの新しい、南北を貫く軸でもあった。

交通網の整備、流通経路の刷新が主眼となっていたことは確かだ。しかし、それだけが目的なら別の形だって取れただろう。道幅の広い直線的な大路をわざわざ造るより、たとえば2本の街道の道幅をひろげ、カーヴを減らすやり方だって、はるかに容易に考えられただろう。

だが、そうはしなかった。ここにオスマンのもうひとつの意図が表れている。叛徒たちの街を大きな路によって分断すると同時に、一朝ことあるときにはただちに円滑にして能率的な軍事行動を起こせる、叛徒たちの鎮圧をただちに実施できる機能性。

入館しなくても、中庭を見渡すことは可能

街の軸にあたる部分をオスマンは徹底的にいじった。‥‥中世の城壁の跡まで考える余裕はなかった。当たり前だが優先順位は低かった。はっきり言って、どうでもよかった。そんなところではないだろうか。

‥‥ポンピドゥーセンターと広場を横目にボーブール街を渡り、タンプル街を左に折れてすぐ、71番地がサンテニャン館。入り口脇に立つ「パリの歴史」碑によれば、1600年代半ばに建てられ紆余曲折を経て現在の博物館となった建物で、正面玄関を入ってすぐ、中庭に面する左手部分は城壁の遺構を利用しているとある。

これを確認したら再びランビュトー街に戻って、6番地に掲げられたプレートをご覧いただきたい。サンテニャン館正面のあたりにサンタヴォワ門ともタンプル門とも呼ばれた市門があり、このプレートのあたりで斜めにランビュトー街と交叉、アルシーヴ街のところに小規模な出入り口のあったことがうかがえる。

ランビュトー街はアルシーヴ街を渡るとフラン・ブルジョワ街と名をかえる。交叉点左には国立古文書館。ここもまた庭園を含めてゆっくり時を送りたいスポット。それでなくともこのあたり人通りの多い、見るべきものの多い街区に突入したわけだが、今回は禁欲、あくまで城壁の跡をたどることに徹する。

古文書館の斜め前にクレディ・ミュニシパル、これをどう日本語訳すればいいのか正直言って分からない。公営の大規模な質屋さんと考えれば実態に近いだろうと思う。これからお世話になる機会でもあればじっくり観察するつもりではあるけれど、ともかく1637年に起源を持つ機関で、ここの敷地内に城壁跡はある。

公共施設には普通、守衛さんがいるのでボンジュールと挨拶し来意を告げる。フランス語が出来なくとも「フィリップ・オーギュスト」とはっきり言えば、笑顔になるか面倒臭そうになるかは別として、質屋とは関係なく中に入れてくれる。

門を入ると噴水のある中庭。正面のプレートに「城壁はこの中庭を横切っていた」とあるが、まずはこの中庭につながる右手奥に出向いてみよう。そこから始める方が分かりやすい。

いちばん奥に何とも不可思議な形をした塔が立っている。この下部が、フィリップ・オーギュストの城壁オリジナルの塔部分で、上部は後世にそれを利用して造りあげたもの。切り取られた下部だけとはいえ、剝き出しの本物にやっとお目にかかれた満足感を味わおう。

この塔の部分から石畳になった地面を注目すると、二本の色の異なる並行する筋が引き出されている。これが城壁の跡を示しているので、この線をたどると、先刻の噴水のある中庭を横切っていることが分かる。

あるはずなのにないものを考えるのもいいけれど、あるはずのものが具体的に目の前にあるとなると、やはり気分は昂揚する。精神衛生上、こちらの方がいいに決まっている‥‥。

マレを行く:フィリップ・オーギュストの城壁めぐり その4 » 遊歩舎
西暦1200年前後に建造された城壁の跡をたどって歩いてみるのもおもしろいと知らされたのは、このマレ地区の繁華街でじっと立ち止まって、フィリップ・オーギュストの城壁についてのプレートに見入っている日本人の御婦人を見かけたの …
ルーヴル街13番地から:フィリップ・オーギュストの城壁めぐり その1 » 遊歩舎
パリ1区、サントノレ街との交叉点からルーヴル街を少し北上した左側13番地から始める。 かつての城壁跡をひとめぐりしようという試みだから、どこから始めてどちらへ向かおうと結局一周してスタート地点に戻ってくる。交通の便と分か …

返事を書く