「ピアニストは黄昏を奏でる」黄昏のエドモン*シリーズ第3弾

黄昏のエドモン*シリーズ第3弾
「ピアニストは黄昏を奏でる」の御案内

光と影の交錯する「19世紀の首府」。世紀末パリを舞台に、新聞記者エドモン・ド・ランベール右往左往のシリーズ、第3弾。

モンマルトルのキャバレで頭角をあらわし、影響力のあるブルジョワ一家に家庭教師として迎えられた若手ピアニスト。輝かしい未来が開けてきたかに思えた矢先、何者かに襲われ、手指の関節をつぶされ演奏家生命を絶たれる。

それは連続する事件の序章。時代を泳ぎ抜こうとする人びとのドラマがそこにはあった‥‥。

返事を書く