8.1 C
Paris
2018年12月19日 (水)
ホーム アペロのつづき

アペロのつづき

ボエーム、何者でもない者たちの...

ボエーム(ボヘミアン)という言葉は魔力を秘めている。甘くて苦い記憶を呼...

アルビの裁き:犬も歩けば

予備知識のないまま、はじめての街を訪れる。それはいつでも胸躍る出来事だ...

ピカソはピカソである:青の時代...

ピカソの父は美術学校の教師だった。まだ少年だった息子の技倆を見て、完全...

和風ペペロンチーノ:レシピのつ...

何故か、目の前に置かれたものをただ食い、飲むだけの存在と見なされがちだ...

「時代」の発見:「近代化」考

サン・ルイ島に渡るトゥルネル橋のたもとで、シテ島、ノートルダム大聖堂の...

 琴と月と母と

日没後それほど遅くない夜、梅雨明けから秋の彼岸を迎えるまでのいつか。あ...

「まち」のきらめき、「むら」の...

普段なにげなく使っている基本的な言葉でも、いやもしかしたら基本的なもの...

運動オンチのサッカー観戦

運動神経の鈍さときたら目もあてられない。体育の授業、運動会はひたすら惨...

前立腺肥大を切る

ぼくなら迷わず切りますね。‥‥日本人ジェネラル医はあっさり言うと、メガ...

68年5月からの呼び声

街の書店のウィンドウは、68年5月を特集するディスプレイになっていた。...

Nouveau

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss